ハイパワー方式「LGPシリーズ」 オールエア方式「EPシリーズ」 メカニズム


作業現場での多様なニーズを先取りして応え、製品に生かす“技術のツカサ”。
船舶用クレーンの専門メーカーとして、長年の経験と実績が生んだ「ツカサ・マリンクレーン」は、
国内外で高い評価をいただいています。
ツカサ・マリンクレーンの特長は、操作システムにはハイパワーとオールエアーの2つの方式を
採用し、使いやすく快適な操作性を実現しています。
市場にはシリーズ化して供給され今日も全国各地で活躍しています。


ハイパワー方式「Pシリーズ」
創業当時から採用されている操作方法の、4本レバー式クレーンです。
長年の経験・実績により改善を尽くし、操作レバーは軽く、長時間の操作でも疲れず、作業効率も向上します。
バケット作業では、自動半クラッチにより効率よく掴むことができ、エアー圧力を補助的に使うことにより、軽い操作ながらも手に伝わる感触を実感しながら操作出来ます。
シンプルで安定した機構を持ちながら、エアー圧力によるハイパワーを実現したシリーズです。

○簡単操作の「しずく掴みシステム」採用
開閉レバーを引くと、支持クラッチが自動的に半クラッチになり、バケットがしずみながら食い込んでつかみます。さらにレバーを引くとバケットは地切して上がります。

○安定したブレーキ性能
ブレーキには「P1バルブ」を採用し、ブレーキ感覚をつかめます。操作レバーは軽く、スムーズにきき安定した性能を発揮します。

「Pシリーズ」の運転席


電子制御オールエアー方式「EPシリーズ」
操作レバーをコンパクトなジョイスティックハンドルとした、2本レバー式クレーンです。
複雑なバケット作業をコンピュータ制御し、初めての方でも簡単に操作することができます。
実績のある4本レバー式クレーンの性能をそのままに、より簡単・快適・安全に操作することを目的として開発された操作システムで、短時間で熟練の技術を習得することができます。
電子制御されたオールエアーシステムにより、操作性に加えて安全性をも向上させたシリーズです。

○コンパクトなジョイスティックハンドルで、複雑な動作を簡単操作
巻き上げ、降下、掴みは支持レバー1本で操作でき、開閉レバーでバケットを開きます。

○EP方式は、初めての方でも簡単に操作出来ます。
短期間で4本レバーの熟練操作術を習得、長時間の作業でも疲れません。「安全・快適・高能率」を実現。

EPクレーンの紹介映像はここをクリック(YouTube動画にリンクしています) 

「EPシリーズ」の運転席


パワーと耐久性のメカニズム
 
<俯仰>   <旋回>   <クラッチ>   <冷却>   <ジブ>
       
安全システム。   パワーと耐久力の旋回機構。   ハイパワーシステムと
強靭なテーブル。
  安定した性能の冷却装置。   ポイントローラーを装備。
シブ巻き下げ時は、「遊星機構」と「カムクラッチ」が機能します。自動安全装置(自動爪)が装備されており、安全を保ちます。   旋回、支持、開閉の連動する大歯車は、オイルバス式ギアケースに浸り、メンテナンスフリー。耐久性が高く、安心して使えます。   支持クラッチは「たるみ取り」と「しずみつかみ」システムを採用し、バケットがスムーズに上ります。操作性は抜群。軸受部は「全自動NC横ぐり盤」で加工し、精度の高い芯出しを実現しています。   軸流ファンを装備し、安定した性能を発揮。ランニング磨耗を抑え、経済性を高めます。(SE302LGP型以上標準装備)   ポイントシーブとワイヤーの磨耗を防止するローラーを標準装備。耐久性が大幅に上がり、経済性を高めています。
   

Copyright(C)2006 TSUKASA Corporation All Rights Reserved.